感染対策 

感染予防 どんな取り組みが、あるの?

一般的予防処置 ユニバーサルプリコーション

すべての患者の血液 体液 排泄物が、感染源と考え予防策をたてる考え方で、

1985HIV(エイズ)感染予防のため考案されました。

従い ウイルス性肝炎 エイズ等の患者を特別視しません。

標準予防策 スタンダードプリコーション

ユニバーサルプリコーションに加え、呼吸器系 結核予防等の対策も考える予防策で

1996年アメリカ防疫センターが公表しました。

スタンダードプリコーションは、血液にとどまらず、広範囲にわたる感染予防対策です。