2011-09-07 20:25:15

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)知っていますか?

テーマ:ブログ

歯周病と肺炎 関係あるの?

高齢者が肺炎でなくなってしまう。実はかなり高い率で起こっているのです。

その肺炎が、歯周病と密接につながっているなんて、知っていましたか?

お口の中の細菌(歯周病菌)が間違って肺の中に入ってしまうと肺炎を起こしてしまうことがあるのです。

これを誤嚥性肺炎といいます。

では誤嚥性肺炎は、どういう人に起こりやすいのでしょうか?

「ごっくん」と上手く食物を飲み込めない人に起こりやすく 例えば高齢者 寝たきりの人 脳血管障害等で飲み込む力が低下している人は、特に注意が必要です。

予防するには?

歯周病を予防することが最も重要となります。

お口の中の歯周病菌を出来る限り少なくしておけば、誤嚥(肺の中に食物 唾液等が、入ってしまう)が発生しても、誤嚥性肺炎のリスクを少なくすることが可能なのです。